HKT宮脇ら 日韓ユニット専任
日本、韓国で放送されたオーディション番組PRODUCE(プロデュース)48に合格したHKT48宮脇咲良(20)矢吹奈子(17)AKB48本田仁美(16)が、48グループとしての活動を一時休止し、日韓合同ユニットIZ*ONE(アイズワン)に専任することが決まった。千葉・幕張メッセで行われた握手会で24日、発表された。3人は8月まで行われていた同番組のファン投票で上位12人に入り、世界デビューのメンバーに選ばれていた。

【写真】泣きじゃくる宮脇咲良

3人は同ユニットで2年6カ月、活動し、10月29日に韓国でCDデビューする。48グループには21年4月に復帰する予定。日本はもちろん、世界をまたにかけて活動することになり、宮脇は「IZ*ONEとしての2年6カ月は、世界の方に見ていただくチャンスです。でも、どこかには48グループとしてのプライドを持って活動をしたい」と意気込んだ。矢吹は「中途半端に活動をするよりも、IZ*ONEのメンバーとして頑張って大きな存在になることが、ファンのみなさんにも喜んでいただけると思う」と説明。本田も「2年6カ月後には、AKB48のセンターにふさわしいくらいのスキルを身につけて帰ってきたいです」と話した。

この日は11月28日にAKB48の54枚目シングル「NO WAY MAN」が発売されることと、選抜メンバー23人も発表され、宮脇、矢吹、本田はフロントメンバーとなる。今作をもって48グループの活動から一時、離れる3人にとっては、「壮行シングル」になる。既にミュージックビデオも撮影済みで、センターを務める宮脇は「私たち3人が前で踊っているのですが、メンバーのみんなから『帰ってくる場所はあるから、頑張っておいで』と言ってくれているような勇気をもらえる曲です」と話した。

宮脇は16年3月の「君はメロディー」以来の単独センターとなる。「AKB48のセンターというのは本当に特別な意味があって、このタイミングでセンターを務めさせていただくことは本当にうれしい。『君はメロディー』のころよりも、今の私だからこそ、伝えられることがきっとあると思います」とコメントした。

3人は10月21日に幕張メッセで行われる大握手会が、活動休止前最後の握手会出席となる。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – エンタメ HKT宮脇ら 日韓ユニット専任